庭をおしゃれでプライベートな空間に。おすすめエクステリア7選

戸建て住宅で庭をもっとおしゃれに、プライベートな空間づくりができる方法をご存知ですか?


エクステリアを活用すれば、友人を招いてBBQを楽しんだり、ゆったりと読書をしたりと、庭がもっとおしゃれな憩いの場へと様変わりします。


今回はプライベートな空間づくりができるおすすめのエクステリアについて、詳しく紹介します。

1.プライベートな空間づくりができるエクステリア7選

エクステリアにはさまざまな種類があります。


さっそく、戸建て住宅でプライベートな空間づくりができるエクステリアを見ていきましょう。

1-1.ウッドデッキ

この投稿をInstagramで見る

𓐄 我が家の庭スペースは下にある駐車スペースの大きさ分が庭に。 塀の高さは2m80cmあるので、 ウッドデッキに立っても隣の家は見えません。 見えないとはいえ2階からは丸見えなので バーベキューとかしたいけどさすがにしづらい😭 施工中、近所の人は庭の塀を見て 防音室でもできるのかと思ったらしい😂 𓐄 #ウッドデッキ #庭 #庭のある暮らし #snowpeak #新築一戸建て #マイホーム #マイホーム記録 #自由設計 #注文住宅 #家づくり #日々の暮らし #日々のこと #暮らしの記録 #丁寧な暮らし #シンプルホーム #おうち時間 #stayhome

asa(@a__s__home)がシェアした投稿 –

特におすすめしたいエクステリアは「ウッドデッキ」。


今はリビングやダイニングからウッドデッキへ出られるように設置し、床の位置とウッドデッキの高さがフラットにするのが主流となっています。


気軽に外に出られるため、BBQやガーデンリビングなどで大活躍。


庭でプライベートを楽しみたい方には、ぜひ設置して頂きたいエクステリアです。

1-2.シェード

この投稿をInstagramで見る

前回の楽天マラソンで購入した#シェード 。 ・ ・ 我が家のリビングの掃き出し窓は西側にあって、夏はめちゃくちゃ暑い😵 せっかくのウッドデッキも日除けなしでは暑すぎて使えないので、シェードは必須! ・ ・ 以前、撥水加工のあるタイプのシェードを使ってました。 立地上、風が強いので撥水加工だと風が抜けずシェードがバッサバサしてハトメ部分が耐えられずに破れてしまいました😢 ・ ・ 今年は撥水加工の無いタイプをチョイス。風がいい感じに抜けてくれるので、シェードへの負担も少なそう。 ・ ・ ホワイト✖︎グレー が欲しかったけど、売り切れだったのでホワイト✖︎ブルーのストライプ。爽やかで可愛いです。 ・ ・ 夏休みはウッドデッキでプールしようと思います。 ・ ・ シェードは楽天roomに載せてます^_^ ホワイト✖︎グレーのストライプも在庫復活してました😢 #楽天roomやってます →→ @nakari.smart ・ ・ #nakariガーデン#ウッドデッキ#シェード#ストライプシェード#UV対策#ミモザ#ミモザアカシア#アカシアスペクタビリス #サンカクバアカシア#鉢植え#鉢植えミモザ#花のある暮らし #緑のある暮らし #四季を楽しむ #庭#外構#一条工務店#ismart#アイスマート#こどものいる暮らし #おうちづくり#シンプルホーム#みてみて一条 #nミモザネタ

𝗇𝖺𝗄𝖺𝗋𝗂(@nakari.smart)がシェアした投稿 –

シェードは日差しを避けるためのエクステリアです。


窓際の直射日光や紫外線をカットしてくれるので、庭で趣味の時間を楽しむことができます。


おしゃれなデザインも豊富。


取り付けが簡単なシェードを選ぶと、急な雨の時にも便利でしょう。

1-3.オーニング

オーニングも日除けができるエクステリアですが、壁付けタイプと独立タイプがあり、耐久性にも優れています。


リモコンや手動で出し入れができるものも嬉しいポイントでしょう。


ウッドデッキと併用すれば、夏場でも心地よいスペースが庭につくれます。


ただ、設置には専門の外構業者やエクステリア業者に依頼する必要があるので、気になる方は一度相談してみるといいでしょう。

1-4.パーテーション

この投稿をInstagramで見る

鉢植えの紅姫シャリンバイも蕾が膨らんできました🌸(1〜2枚目) 地植えではないけど毎年良く咲いてくれます。 奥に見えるフェイクドアパーテーション🚪も芽吹いてきた植物達と相性良くて気に入ってます^ – ^ 紅花ヤマボウシの木に絡ませたコデマリも(3〜4枚目)蕾が膨らんできています。 毎日庭に出るたび発見があり楽しみです🌱✨ #bouquetdefelicia #紅姫シャリンバイ #フェイクドア #パーテーション #パーテーションdiy #ガーデンリビング #ガーデン #garden #煉瓦の小道 #コデマリ #gardenstagram #gardening #instagarden #instagardenlovers #instagardeners

felicia(@bouquet.de.felicia)がシェアした投稿 –

パーテーションとは、「間仕切り」のこと。


庭にパーテーションを設けることで、外からの視線をさりげなく遮り、リラックスできる空間がうまれます。


パーテーションにハンギングやつる性の植物を絡ませることで、おしゃれ度もグンとアップ。


視線を気にせず、ティータイムを楽しめるでしょう。


ペットがいる家庭なら、パーテーションを設置して、庭で思いっきり遊ばせられるスペースをつくるのもアリですね。

1-5.目隠しフェンス

この投稿をInstagramで見る

. お庭を #目隠しフェンス で囲うだけで一気にプライベート感が増しますね。 この #ウッドデッキ で昼間からビールを飲みたい!毎日飲みたい!!笑 #庭 ~~~~~~~~~ 他の施工事例⇒ @amerikayaarchitecture ~~~~~~~~~  #あめりか屋 は#カリフォルニア住宅 や#西海岸住宅 のような#アメリカン住宅から、#無垢材 をつかった#木の家 といった #かっこいい家 や#かわいい家 の#デザイン住宅 を建てています 🐶  #新築 の#注文住宅 から大規模な #リノべーション 、#リフォーム 、ちょっとしたおうちの修繕までお任せください。   福井県 #敦賀市 の事務所から車で60分以内の、#美浜町 #若狭町 #小浜市 #長浜市 #高島市 #南越前町 が基本的な施工エリアです🚙   昭和26年創業と長い歴史を持つ#工務店 で、高性能で適正な価格の#家づくり をしていますし、家を建てて売ることが仕事ではなく、お客様ご家族の #豊かな暮らし を支えることを仕事としてやってます😀  まずは資料請求からどうぞ~💬  ホームページの資料請求ページ、お電話(TEL 0770-22-0577)、DMにてお気軽にお問い合わせくださいね~📱  ~~~~~~~~~ 他の施工事例⇒ @amerikayaarchitecture ~~~~~~~~~  なお管理人は @hidekazu_shinohara という愉快なやつです(笑)一緒に #マイホーム計画 しましょう🎵

あめりか屋(@amerikayaarchitecture)がシェアした投稿 –

「目隠しフェンス」は、エクステリアの中でも多くの戸建て住宅で活用されています。


隙間によっては、完全に外からの視線を目隠ししたり、さりげなく視線をカットしたりも可能。


庭全体がプライベートな空間になり、人目を気にせずガーデニングができます。


木目調や不透明なパネルタイプもおしゃれで人気があります。

1-6.ガーデンファニチャー

この投稿をInstagramで見る

コロナで大変な時に💦 待ちに待った物が届きましたー‼︎ ガーデンテーブルとソファーセット🤎ガーデンパラソル🤎 ソファーはコーナーがあるタイプ !ガラスの天板は取り外し出来るタイプなので割られる前にしまっておきます!笑 ガーデンパラソルは大型で直径300㌢もあります! 遊びに出られないので あったかい日は庭でまったりゲームしたりYouTube見たり☺️ #ガーデンテーブル#ガーデンソファー#ガーデンパラソル#ガーデンファニチャー#ガーデン#庭#ラタン調#野外家具#庭を楽しむ生活#アウトドアリビング#アウトドアリビングのある先生

n__house(@natsumiii__chan)がシェアした投稿 –

庭でくつろぐためには必須アイテムの「ガーデンファニチャー」。


テーブルやチェアはデザイン豊富なので、家や庭の雰囲気にあったものが選べます。


パラソルをセットで使えば、夏場も涼しく庭で過ごせるでしょう。


草花やガーデン用品をおしゃれにディスプレイできるシェルフもおすすめです。

1-7.ガーデンライト

この投稿をInstagramで見る

. LEDライト付きデッキ . お庭にリビングフラットのウッドデッキ . 夜になると仕込んだライトが自動で輝きます。 . デザイナーズウッドデッキは、 ガーデンハーツにお任せ下さい。 . 見積もり無料。お気軽にご利用下さいませ。 . 「365日寄り添う場所になる」 ◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎ #ガーデンハーツ 株式会社 ➿0120-28-8735(見積り無料) お問い合わせはHPから▶︎ @gardenhearts_official ◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎◾︎ #ウッドデッキ#ウッドフェンス#フェンス#ハードウッド#家#暮らし#庭#gardenhearts#interior#home#deck#目隠しフェンス#一戸建て#バルコニー#リゾート#LED#ウリン#照明#デザイン#テラス#ウッドパネル#新築#男前インテリア#bbq#外構#キャンプ#グランピング#wooddeck

ウッドデッキの専門店 ガーデンハーツ(@gardenhearts_official)がシェアした投稿 –

せっかくプライベートな空間をつくったのに、昼間しか使えないのではもったいないですよね。


「ガーデンライト」があれば、夜も庭でBBQやおしゃれに演出することができます。


電源から遠い場所なら、ソーラー式や充電式のものを活用しましょう。


ポールやスタンド、埋め込みやブラケットなど、さまざまなタイプがあるので、用途に合わせたガーデンライトを選び、庭に明るさを取り入れてください。

2.エクステリアを選ぶ時のポイントとは?

この投稿をInstagramで見る

*************************** いつも見て下さって本当にありがとうございます。 * 昨日バーベキューをしたウッドデッキ。 今年おうちを満喫する為に準備したような感じになってしまいました。 今年も変わらず春は来て、植物達は芽吹いています。 せっかくだから庭の仲間たちを紹介していこうと思います。 * 今日も幸せな1日でした。 明日もきっといい日になります。 *************************** #ウッドデッキ #ウッドデッキのある家 #庭作りを楽しむ #ヒューケラ #庭作り #お庭大好き #庭 #おうち時間 #おうち時間を楽しむ #生きるを楽しむ #hygge #hygge日和 #ヒュッゲ #ヒュッゲな暮らし #暮らしを楽しむ #暮らしを楽しむ家づくり #好きなものに囲まれた暮らし #住まい #マイホーム #インテリア #インテリア好きな人と繋がりたい #アウトドア #アウトドアリビング #暮らし #シンプルに暮らす #シンプルな暮らし #おうち大好き #暮らす幸せ #すっきり暮らす #持たない暮らし

@ mini5597214がシェアした投稿 –

エクステリアは基本的に外で使うものなので、耐久性や耐候性があるものを選ぶことがポイントです。


ウッドデッキ・パーテーション・目隠しフェンス・ガーデンファニチャーなどは、天然木の素材を使っている場合、温かみのある質感や経年変化が楽しめる特長があります。


ただ、雨に濡れると腐食や劣化が進み、数年で買い換えが必要になるケースもあるため、注意が必要です。


けれど、樹脂を使ったウッドデッキやアルミ製の目隠しフェンスなど、耐久性のある素材を使ったエクステリアなら、初期費用はかかるものの、数十年と使用することができます。


また、シェード・オーニング・ガーデンライトも、直射日光に強い耐候性があるものを選ぶと、劣化が少ないため、長期間使えます。


防水タイプなら急な雨にも耐えられるので、安心できますね。


エクステリアを選ぶ時は初期費用だけでなく、買い替えやメンテナンスにかかる費用なども鑑みたうえで選ぶことが大切です。

3.まとめ

戸建て住宅で、プライベートな空間づくりに役立つエクステリアをご紹介しました。


庭で人目を気にせずガーデニングやティータイムを楽しめたり、集中して読書ができたりする空間があれば、快適な暮らしが実現します。


おしゃれなエクステリアを活用すれば、草花も引き立ち、庭ももっと素敵になるでしょう。


長く安心して使えるエクステリアを選び、おしゃれな庭づくりにも役立ててみてはいかがでしょうか?

Tagged : / / / / /

フェンスを有効活用!つる性植物おすすめ5選

お庭を華やかにするアイテムの一つにフェンスの存在があります。

最近では、アイアンやウッドなど様々な素材やオシャレなデザインが流通していますよね。

インターネットでも手軽に購入できます。

これらのフェンスは単に目隠しや仕切りとして活用するだけでなく、
ハンギングバスケットを掛ける以外にも、つる性の植物を絡ませて楽しむ方法もあります。

フェンスを活用して新たな植物の空間を作り出してみませんか?

今回はフェンスに絡ませることができる、つる性植物を5つご紹介します。

ハニーサックル

北海道南部でも越冬することができる常緑性の低木です。

ハニーサックルの和名は「スイカズラ」。

この名前の方が一般的に浸透しているかもしれませんね。

日本では20以上もの種類があり、
5月~10月にかけてオレンジ、赤、白などの様々な色の花を咲かせます。

4~5㎝の筒状の花の形で、花の中にある大量の蜜が甘いフローラルの香りを発します。

ハニーサックルから作られた精油は古くから多くの人に愛されてきました。

繁殖力が強いので1~2月が剪定の適期ですが、あまりにも増えすぎた時などはこの時期でなくてもどんどん剪定して構いません。

花付きを良くするために、一年を通して日光のよくあたる場所で栽培しましょう。

乾燥に弱い特徴がありますが、
加湿も嫌いますので土やハニーサックルの状態をよく観察しながら水やりをすることがポイントです。

蜜に吸い寄せられてきた蜂に注意してくださいね。

つるバラ

つるバラは、春に一度開花する「一季咲き性」と春以外にも何度か花を咲かせる「返り咲き性」の2つに分けられます。

肥料やりが必要なことと病害虫にかかりやすいことから、
つるバラを育てるにはガーデニングの経験がある程度ある方がよいでしょう。

育てる上で一番大事なことは12月頃が適期とされる剪定作業。

開花期以外の生長期に伸びたシュート(つる)には翌年花がつくので、必ず古い枝は切り落としてくださいね。

また、伸びたつるが自分からフェンスなどに絡みつく性質を持ち合わせていないため、つるの誘引も必要です。

剪定と同じ12月頃に、伸びたシュートを50㎝間隔で針金や紐で固定しましょう。

誘引のポイントは水平に導いてあげること。

水平に伸ばしたつるから花を咲かせる枝が上に向かって伸びていきます。

つるバラの肥料不足を避けるために、液体肥料以外にも緩効性固形肥料を与えることも忘れずにおこないましょう。

View this post on Instagram

五月の庭から・*・🌿 * アルベリック・バルビエ 振り返りpost 🌹 アングルを変えたりライトアップしたり何度も登場しますがすみません😅 サイドシュートが出なかったり花芽が少なくて心配していましたがやはり太いベルサルシュートがカミキリ虫にやられとうとうここからバルビエが居なくなりました😭😭😭小さなシュートが残っていますが5,6mも後ろに植えた株から何年したらここにバルビエが咲いてくれるのか(-""-;)来年はポールズさんに頑張ってもらいましょう(*^o^)/\(^-^*) #アルベリックバルビエ #ポールズヒマラヤンムスク #ナイトガーデン #オールドローズ #ツルバラ #マイガーデン #ホワイトガーデン #薔薇のある庭 #薔薇のある暮らし #小さな庭 #フロントガーデン #ベンチ#白いベンチ#窓辺#フェイク窓#窓辺のシーン #灯りが点るなんちゃってカフェ

A post shared by yoshimi garden (@lupankun.10.29) on

クレマチス

クレマチスは、品種によって年に1回咲く「一季咲き」と何度か花を咲かせる「四季咲き」に分けられます。

寒さにある程度強く、赤、白、ピンク、黒、茶など花色も沢山あり、ガーデニング初心者でも育てやすいつる性植物です。

葉と枝の間の「葉柄」の部分が他のものに絡みながら生長する特徴があります。

そのため、フェンスだけでなく鉢植えで支柱に絡ませたり、パーゴラや樹木、トレリスなどに絡ませたりして育てることもできるので、
狭い場所でも立体的空間を生み出すことが可能です。

半日以上日光が当たり、風通しの良い環境、水はけと保水性のある土を好みます。

地植えの場合は、乾燥が続かない限りは降雨のみで育ちますが、鉢植えと同様に水切れを嫌いますので、
特に蕾から開花中はよく様子を見ながら、与えるときは充分な水やりを行ってくださいね。

ハーデンベルギア

マメ科の常緑低木で、花径1㎝くらいの胡蝶蘭のような花を3月~4月にかけて咲かせます。

花色は紫が多く見られますが、他にもピンク、白、複色などの種類があります。

2m以上も伸びるツルは誘引が必要です。

つる自体は細くても丈夫にできているのでしっかりとトレリスやフェンスに巻き付きますよ。

-3℃くらいまでの耐寒性を持ち合わせているので、関東地方より西の地域で越冬することが可能です。

日当たりと風通しのよい環境、腐葉土が入ったふかふかの柔らかい土を好みます。

病害虫にもかかりにくいので、栽培管理は比較的楽な方だと言えるでしょう。

挿し木で増やすことができるので、切り取った枝を鉢植えなどで再び増やしていくこともできますよ。

沢山咲かせる小さな花とこんもりと育った葉や枝で、華やかな空間が生まれます。

テイカカズラ

キョウチクトウ科の常緑つる性植物です。

5月~6月に甘い香りがする小さな白い花を咲かせますが、花だけでなく葉も楽しむことができます。

半日陰など少しの日光が当たれば充分に育てることが可能。

湿度のある環境を好む傾向がありますが、水はけの良い土に植えましょう。

肥料を施す必要はなく、病害虫の心配も特にありません。

生長がとても早いのが特徴ですが、伸びすぎたつるを開花後の早い時期に剪定する程度で充分です。

また、フェンスの地際にあるつるは全部とりのぞいてしまって構いません。

太いつるを数本残しておく位でとどめておきましょう。

寒さに弱いので、関東より西の地域での栽培をおすすめします。

花の時期以外にも、上に向かって伸びるつるは立派なグリーンカーテンとして活躍します。

まとめ

限らせた場所でも、フェンスが一つあるだけでつる性植物を絡ませるとガーデニングスペースを増やすことができます。

また反対に広いスペースであれば、ぐんぐん伸びる植物を植えると立体的で華やかな緑の空間を作りだすことが可能です。

お住まいの地域の気候や周りの植物との相性を考えて、お気に入りのつる性植物を見つけてくださいね。

Tagged : / / /