インテリアに苔を取り入れよう!コケリウム基本作成の4ポイントをご紹介

「部屋の中にもっとグリーンを取り入れたい」


「インテリアになるようなガーデニングをしたい」と感じることがありませんか。

室内でグリーンを育てるなら、観葉植物や鉢で育てられる花を取り入れるのが一般的。


昨今では、テラリウム人気の上昇で、コケリウムにも注目が集まっています。


今回は、コケリウムの作り方や栽培管理上の注意点などを4つのポイントに絞ってご紹介しましょう。

コケリウムってどんなもの?

この投稿をInstagramで見る

癒し苔テラリウム Healingmoss terrarium 再度のアップです🙇 この、MossTerrarium light-LED DC 5V 5W 1A 3500K(ケルビン)~6500K明るさ、色合いの調整が可能です。👍 この容器とライトの販売も致します。 お気軽にお問い合わせください。m(__)m」 苔男子の作品は、9月4日~6日、8~9日 米子 天満屋 4階 地元アーティスト作品展 でも、販売致します‼️🌿🍀🌷 #terrariumdreams #テラリウム # #terrarium #terrariums #苔 #苔テラリウム #テラリウム #terrarium #terrariums #moss #healingmoss #癒し #癒し苔 #苔テラリウムメンテナンス #healing #苔のある暮らし #インテリア #インテリア雑貨 #インテリアコーディネート #苔オーダーメイド #苔玉ワークショップ #苔テラリウム教室 #苔インテリア #healingmoss #癒し #癒し苔 #苔玉アート #苔玉アレンジ #苔玉 #healing #苔のある暮らし #インテリア #インテリア雑貨 #インテリアコーディネート #苔オーダーメイド #苔テラリウム教室 #苔インテリア #コケリウム #ハンドメイド #苔ボトル #苔メルヘン

苔男子 Moss a Man(@healing.moss)がシェアした投稿 –

コケリウムとは、苔を育てるテラリウムを指します。


テラリウムとは、ガラス容器や専用水槽の中にお気に入りの植物や生物を入れて育成を楽しむ園芸の一つです。


テラリウムは、容器の中に複数の植物を入れたり、貝殻・流木・コーラルサンドなどを入れたりして自分独自の自然の世界を構築できるところが魅力。


コケリウムも同様に、好きな苔を限られた空間の中で育て、容器に大きさに余裕があれば石や流木などのレイアウト素材を配置し、自分だけの自然界を構築できます。


コケリウムが人気の理由は、安価で気軽に作られ、メンテナンスに手間がかからないこと。


また、オシャレな容器を使って室内に飾ると、インテリアのアクセントとしても活躍が可能です。

コケリウム作りで基本的に用意するもの5つ

コケリウムに興味が出てきたら、早速準備にとりかかりましょう。


コケリウム作りで最低限必要なのは、「苔・容器・下に敷くもの・霧吹き・レイアウト素材」の5つです。


他にも、苔やレイアウト素材を配置したり、カットや位置を調整したりするときに使うピンセットやハサミなどもあると便利でしょう。


苔はガーデニングショップや園芸店などで購入が可能ですが、自宅の敷地に生えているものを利用しても構いません。


容器はホームセンターや100均などで販売されている蓋のついた(なくても可)ガラス瓶、もちろん家にあるものを利用するのもよいでしょう。


大きめのコケリウムを作るなら、テラリウムやアクアリウム専用の水槽を使うと便利です。


ガラス瓶を選ぶなら、ある程度間口の広いものを選ぶと、作業やメンテナンスがしやすくなりますよ。


苔は根を持たない植物です。


そのため、必ず土を使用しないといけない訳ではありませんが、市販されている「苔専用の培養土」の利用が一番便利でしょう。


土以外ではハイドロボール・魚を飼育するさいに使う床材・ソイルなども人気。


苔以外にレイアウト素材を入れて雰囲気を出すなら、石・枝・流木・フィギュアなどを用意しましょう。


身近に素材がない場合は、テラリウム用のレイアウト素材を購入して利用する手もあります。


レイアウト素材は容器の大きさや苔とのバランスを十分考えて準備してくださいね。

コケリウム作りの基本3工程

この投稿をInstagramで見る

大阪上本町店舗ワークショップでのお客様作品をご紹介。 手のひらサイズの小さなガラス容器も人気です。 スペースを取らないので職場のデスクに置かれる方も多いみたいですよ。 . #コケ #苔 #コケリウム #苔リウム #苔テラリウム #テラリウム #パルダリウム #アクアテラリウム #苔盆栽 #苔玉 #コケ玉 #シダ植物 #観葉植物 #グリーン #園芸 #ガーデニング #インテリア #アクアリウム #moss #kokerium #aquarium #terrarium #interiordesign #interiorgreen #indoorgreen #plants #mossgarden #mossterrarium #mossarium #mossgreen

苔(コケ)のインテリア コケリウム(@kokerium)がシェアした投稿 –

コケリウム作りに必要なものが全て揃ったら、作業に取りかかりましょう。


コケリウム作りの基本的な手順は以下の通りです。


・ガラス瓶・水槽・レイアウト素材などを洗う
・瓶の底に培養土などを敷き詰め霧吹きで湿らす
・苔を配置し、必要ならレイアウト素材を配置し、再び霧吹きをおこなう



培養土やソイルで土台になるものを入れるとき、小さな容器であれば平坦に入れても問題ありませんが、ある程度床面積のある容器の場合は傾斜を作ると、奥行感のあるコケリウム作りができます。


また、苔を配置するときは指で土台に軽くおさえるのがポイントです。


また、なるべく苔と苔の間に隙間ができないように敷き詰める作業も大切なポイント。


最後の霧吹きで、ガラス瓶や容器の側面に付着した水分の拭き取りも忘れずにおこないましょう。

コケリウムの日常管理

コケリウムは栽培管理に手間がかかりませんが、霧吹きを使用しての水分補給は定期的におこないましょう。


水やりは容器に蓋がついている場合は半月程度に1回、蓋なしの場合は1週間に1回くらいが目安です。


ポイントは、容器内全体の内部が湿るまで水分を与えること。


ただし、水を与えすぎると苔やレイアウト素材にカビが生える場合があるので注意が必要です。


特に湿気の多い夏場はよく容器内を観察し、蓋つきのコケリウムであればしばらく蓋をはずして水やりの量や湿度を調節してください。


基本的な置き場所は直射日光の当たらない日なたまたは半日陰。


ほぼ日光の入らない部屋の場合は、室内照明で光合成を促しましょう。


ただし、普通の照明では日光量が足りないことも。


そんな時は市販されている植物専用のLEDライトを利用すると効果的です。

初心者でも気軽に挑戦できるコケリウム。容器が大きければ大きいほど、自分の思い描く苔庭作りができます。


苔の一番の弱点は夏の暑さ。室内気温が高くなり、苔が茶色く変色したときは、カットすれば新芽が再びでてきます。


また、季節が変化して室内気温が下がると緑が復活する場合もあります。


コケリウムを美しく長く保つためには、水やりと毎日の観察が大切


栽培管理に慣れたらいろいろなコケリウムを作ってみて、室内で楽しめるグリーンを増やしていきましょう。

Tagged : / / /

グリーンで冬のガーデニングが楽しめる6つのコツを伝授!

寒い冬を迎えて、草花が枯れたり、葉を落としたりと、庭や花壇が冬支度をはじめましたね。


華やかだったガーデンが、どこか寂しく感じてしまう方も多いのではないでしょうか?


今回はそんなお悩みの方へ、グリーンで冬のガーデニングが楽しめる6つのコツをお伝えしていきます。


冬でもガーデニングが楽しめる方法を知り、グリーンをたくさん飾ってみましょう。

1.多肉植物を飾ろう

この投稿をInstagramで見る

♡ ♡🎄❊。* MerryXmasೄ ‥☆ (⁎˃ᴗ˂⁎)💓 + + #chrismastime 🌟 #クリスマスの寄せ植え🎄✨ + + @flower.and.leaf.log logさん♡で 先日お迎えした 🎄chag-hee Xmas selection 🎄 #チャンフィー苗 を使って 今年も#アンティークレジスター に #寄せ植え しました💓 #多肉の宝石箱 💎✨ クリスマスの靴にも寄せ植え💛♥️💛♥️ + + @lilymadeleine1111 lilimaさん♡ 3周年おめでとうございます🎉 Lilima🎀Noëlの寄せ植えpetitoフォトコン に 参加します😉 #lilimanoël 🎂🎄🍗✨✨✨ + + #多肉 #多肉植物 #寄せ植え #多肉の寄せ植え #多肉 #多肉植物好き #多肉植物の寄せ植え #多肉植物のある暮らし #グリーンのある暮らし #花のある暮らし #インテリア雑貨 #花 #succulents #succulentslover #sedam #plants #green #flowers #flowerlovers #interior #christmas #christmastree 🎄🎂

❤︎yukako.t❤︎(@yukastagram928)がシェアした投稿 –

多肉植物は寒さに強い種類があるので、グリーンで冬のガーデニングを始めるにはぴったり。


選び方次第で室内はもちろんのこと、室外でも簡単に育てられます。


寒さに強いと言われている多肉植物の種類は、セダム属、エケベリア属、ハオルシア属、カランコエ属などがありますが、実際のところ、品種によって霜に弱かったり、5度以下になると枯れてしまったりと、かなりバラツキがあります。


寒さに強い多肉植物を選ぶには、ラベルをチェックして耐寒性があるかどうかを確認してから購入しましょう。


多肉植物はさまざまな楽しみ方ができるグリーンです。


吊り下げてハンギングにしたり、おしゃれなブリキ缶に寄せ植えしたりと、冬でもガーデニングが楽しめます。


乾き気味に管理することが、多肉植物を上手に育てるコツ。


可愛いらしい、個性あふれる植物が好きな方は、多肉植物を使ったグリーンで冬のガーデニングを楽しみましょう!

2.観葉植物でインドアガーデニング

グリーンで冬のガーデニングをするなら、室内を観葉植物でいっぱいにしてみませんか?


観葉植物は暑さに強いものが多く出回っていますが、それらの種類のほとんどは、寒さに極端に弱かったり、冬に成長をストップしたりします。


けれども、冬の室内を暖房器具やエアコンで、室内の温度を10度以上に保てれば、さまざまな観葉植物が冬でも育てることが可能です。


また、室内に観葉植物があると、空気の清浄効果が期待できます。


グリーンは風水的にも良いと言われているので、玄関やトイレ、リビングや寝室にも観葉植物を置いて、良い気を呼び込みましょう。


まずは、室内のシンボルツリーとなる大型の観葉植物を選んでみてはいかがでしょうか?


南国風な雰囲気が楽しめるモンステラ、室内のテイストに溶け込むドラセナ、爽やかな葉が人気のヤシなど、リビングや部屋に合うものがおすすめです。


シェルフやキッチンのカウンターに置いたり、天井から観葉植物を吊り下げたりと、飾り方を工夫し、グリーンで冬のガーデニングをたっぷりと興じてみてくださいね。

3.常緑樹を選ぼう

冬でも葉を落とさない常緑樹を植えておけば、庭が寂しい雰囲気にならずに済みます。


グリーンで冬のガーデニングをするなら、シンボルツリーを常緑樹の中から選び植栽しましょう。


シンボルツリーは家の外観をより素敵に魅せるのに役立ちます。


室内からグリーンがパッと目に入ると、癒しやリラックス効果も得られますよね。


窓際に常緑のサブツリーを植えれば、外からの人目を遮るメリットもあります。


冬でも青々とした葉を見られる常緑樹なら、グリーンで冬のガーデニングを楽しむのにぴったり。


お気に入りの常緑樹を、ぜひ庭に迎えてみましょう。

4.寒さに強い多年草や花を植えよう

グリーンで冬のガーデニングを楽しむなら、寒さに強い多年草や花を植えるのがコツ。


冬の花としても人気の高いクリスマスローズは、寒さに強い多年草の代表格です。


花の少ない時期に咲いてくれるので、庭や花壇が華やかになります。


種類が非常に多いので、シングル、セミダブル、ダブルなどの咲き方があり、花色も白、ピンク、紫、緑とさまざま。


他にも、ユリオプスデージー、シクラメン、プリムラなど、寒さに強い多年草がいくつかあります。


ビオラやパンジーは一年草ですが、花が少ない冬の時期を賑やかに彩ってくれるので、冬のガーデニングに重宝するでしょう。


花の鮮やかな色と、葉の青々としたグリーンで冬のガーデニングを楽しんでくださいね。

5.冬でもグリーンなグンドカバー

霜にも負けないグランドカバーは、グリーンで冬のガーデニングを楽しむコツのひとつです。


グランドカバーは無機質な土を覆い隠し、庭や花壇を温かくナチュラルな雰囲気にしてくれる要素があります。


アイビー、アジュガ、グレコマ、テイカカズラ、ワイヤープランツ、セダム、ハツユキカズラなどは、冬でも葉を落とさないグランドカバーとして人気があります。


中には、冬に少し元気がなくなるグリーピングタイムやリシマキアなどもありますが、春にはしっかり新しい葉が芽吹くので安心してください。


グランドカバーは種類によって葉色がさまざまなので、壁やフェンスに這わせたり、壁掛けにして垂れさせたりして、育て方や飾り方を変えてみるのも、グリーンで冬のガーデニングを楽しむのにおすすめですよ。

6.花壇・鉢植え・寄せ植えで楽しむグリーン

花壇や鉢植え、寄せ植えでグリーンで冬のガーデニングを楽しむなら、花と一緒
に葉色の美しいグリーンを組み合わせてみましょう。


冬の季節にぴったりのグリーンには、シルバーリーフがおすすめです。


シロタエギク、モクビャッコウ、ヘリクリサム、ラミウムなどは、白い色の葉が美しく、冬のガーデニングに最適です。


ヒューケラは寒さにも強く、種類が豊富。花壇や鉢のテイストに合わせて、葉色を選べるのが人気の秘密。


また、寄せ植えは庭や花壇のスペースがない家庭でも、グリーンで冬のガーデニングをたっぷり楽しむことができます。


おしゃれな鉢に寄せ植えをしたり、リースやハンギングバスケットをつくったりと、冬でも華やかに玄関やアプローチを飾れますよ。


今回ご紹介したグリーンで冬のガーデニングを楽しめる6つのコツを参考にして、寒い冬の間もワクワクするようなガーデニングライフを送ってみてはいかがでしょうか?

Tagged : / / / /

リビングにおしゃれなグリーンを飾ろう!おすすめ観葉植物【5選】

観葉植物ならわざわざ外に出なくても、家の中で緑を楽しむことができます。

家の中の空気を綺麗にしてくれるので、リラックス効果や部屋のインテリアとしてもおすすめです!

今回はリビングに飾るのに人気の観葉植物を5選ご紹介していきます。

 

サンスベリア

View this post on Instagram

こんなに成長しました☘ ・ 1ヶ月半前は1cmぐらいの赤ちゃんだったのに、30cm超えの立派な大人に成長しました! ・ 植物の成長速度はすごい👀 以前の姿は、9/8の投稿をご覧ください✋🏻 * * 自由が丘ReBODY整体院 〒152-0035 目黒区自由が丘1-3-21キアンビル2F ☎︎03-6883-3321 * #サンスベリア #観葉植物 #植物 #自由が丘ReBODY整体院 #自由が丘 #自由が丘整体 #整体 #カイロプラクティック #トレーニング #体幹トレーニング #ファンクショナルトレーニング #flowin #ストレッチ #マタニティ整体 #マタニティケア #マタニティストレッチ #妊婦 #産後 #産後整体 #子連れ #子連れok #キッズスペース #キッズルーム #産後骨盤矯正 #骨盤矯正 #骨格矯正 #肩こり #腰痛 #姿勢改善 #むくみ

A post shared by 自由が丘ReBODY整体院 (@jiyugaoka.rebody) on

空気を綺麗にしてくれる効果が非常に高いことで有名なサンスベリア。

スラリと上に長く伸びた葉はシャープで美しく、明るい色の縁取りも綺麗で、見た目がとても素敵な観葉植物です。

風水では厄除けや魔除けにいいとされているので、鬼門に置くといい効果が得られるかもしれませんよ。

そんなサンスベリアですが、原産地はアフリカなので暑さに強く寒さは苦手な植物です。

室内であれば寒さに気をつけることはそれほどないとは感じるでしょう。

しかし、室内の気温が5度を下回ってくるようであれば枯れてしまうことがあるので注意が必要です。

耐陰性はありますが、基本的には日光が好きなので、室内の日当たりのいい場所に置いてあげるといいでしょう。

過度な水やりを避けることがサンスベリアを上手に育てるポイントです。

夏は土が乾いてから水やりをしてください。

冬場は水をほとんど必要とはしませんが、エアコンによって極端に乾燥していたり、葉がシワシワになっていたりするような場合には水をあげてください。

ポトス

ハートような形の葉に長く伸びる茎が特徴のポトスは、育てやすく管理もしやすいため、お祝いの品としても人気の観葉植物です。

仕立て方によって、さまざまな形にできるのも魅力です。

高い場所に飾って茎を枝垂れさせるのもおすすめですし、上へと伸びていく習性を利用し、あんどん仕立てにして高さを出すのもいいでしょう。

増やし方は簡単で、葉の反対側にある黒い突起部分の気根を残し、茎をカットします。

水挿ししておくだけで一ヶ月もしないうちに新しい根が発根します。

水挿しで成功したポトスは、水耕栽培で育ててみましょう。

土とは違いコバエが出る心配もなく衛生的です。

ガラス瓶にハイドロボールを入れて飾れば、見た目も涼しげでインテリアとして十分に楽しむことができますよ。

オリヅルラン

ポトス同様、オリヅルランも容易に栽培できる人気の観葉植物です。

直射日光によって葉焼けしてしまうので置き場所には注意が必要ですが、それ以外は特に管理に難しい点はありません。

水が足りないせいで葉がダランとしてしまうことがありますが、その後にしっかり水やりをすることですぐ回復します。

日常の手入れですが、室内で育てていると葉にホコリやゴミが溜まってしまうので、定期的に雑巾で拭き取ってあげてください。

また、霧吹きで葉に水をかけてあげると、ホコリが取りやすくなり、ハダニ予防にも繋がるのでおすすめです。

この手入れはオリヅルランだけではなく、どの観葉植物にも定期的におこなってあげるといいですよ。

ドラセナ

ドラセナはなんといっても種類が豊富です。

背が高くなるものやコンパクトなタイプ、葉が細長く尖ったドラセナ・コンシンネ、赤い葉や明るい緑の斑入りの葉など、非常に多くの品種があります。

さまざまなバリエーションがあるので、リビングの雰囲気に合わせたり、ドラセナをインテリアのアクセントとして飾ってみるのもいいでしょう。

おしゃれな鉢カバーを使えば、より素敵な雰囲気になりますよ。

気温が10度以上であれば、ベランダに置いてもいいでしょう。

秋頃になったら室内に取り込んで管理してください。

耐陰性はありますが、たまに日光浴させてあげたり、半日陰の場所に置いてあげることで、ドラセナを健康的に育ててあげることができます。

葉の艶もよくなるので定期的に日光に当ててあげましょう。

シュガーバイン

つる性の観葉植物としてアイビーを育てている方は多いでしょう。

シュガーバインは茎が柔らかく葉がとても可愛らしいので、アイビーに飽きてしまった方はシュガーバインを育ててみてはいかがですか?

シュガーバインを枯らさないようにするには、環境と水やりのコツをしっかり覚えることです。

直射日光に当たると葉焼けをしてしまうので、室内の明るい場所で管理してください。

また、室内の温度が高くなりすぎると枯れてしまうので、エアコンで常に温度を一定にしてあげるといいでしょう。

根腐れをしないように、土が乾いてから水やりをします。

一度水切れを起こしてしまうとダメージが大きく、そのまま枯れてしまうので水やりを忘れないようにしてください。

まとめ

今回はリビングに飾るおすすめの観葉植物をご紹介しました。

サンスベリアとドラセナは高さがあるので1鉢だけで存在感があります。

ポトスは増やして水耕栽培にしたり、仕立て方を変えて見せ方をアレンジしてみましょう。

オリヅルランやシュガーバインは棚に飾ったり、天井から吊り下げて葉を枝垂れさせ空間を飾てみるのがおすすめです。

それぞれの特性を活かし、リビングを観葉植物でいっぱいにしてみてはいかがでしょうか?

Tagged : / / / / /