芝を植えよう! 日本芝の特徴・3つの品種・お手入れ方法をご紹介

「イングリッシュガーデンみたく、庭に芝のスペースがあったらいいな」と思ったことはありませんか?
小さなスペースでも芝を植えると、より一層庭が華やかな雰囲気になりますよね。
芝は他の植物と同様に、冷却効果やリラックス効果があることでも知られています。
今回は、日本で多く使われている「日本芝」の特徴や3つの品種、お手入れ方法などについてご紹介します。

日本芝とは

芝には大きくわけて「日本芝」と「西洋芝」の2種類があります。
日本芝は、本来日本で生えていた芝で、暖かい地方で自生していたものです。
高温多湿に耐えうることから、日本の気候や風土に適合した性質を持ち合わせています。
生育適温は23~35℃。そのため、日本芝を北海道や東北地方などの寒い地域では、ほとんど見ることができません。
日本芝が西洋芝と違う一番の特徴は「冬枯れ」をすること。
冬枯れとは、11~3月頃の寒い時期の休眠期のこと。
気温が10℃以下になると日本芝の生育はストップしてしまします。
休眠期には、地上に出ている芝は茶色に変化し、春がきて気温が暖かくなると再び生育を始め、緑色の芝に戻ります。
一方、西洋芝には冬枯れはなく、一年中緑色の状態を保つことができます。

野芝

野芝には「砂芝」、「地芝」などの別名があり、日本芝の中でも一番寒さに強いことが特徴です。
基本的に日本芝は寒い地域にはほとんど存在しませんが、野芝は北海道の南部にも分布しています。
また、高度の高い場所や海岸でも見ることができます。
野芝は、日本芝の中でも手触りが一番固いことも特徴の一つです。
芝に触れた時にチクッと感じたら、野芝と判断してよいでしょう。
手入れは比較的楽な方で、地面に生える密度が粗く、葉の幅も広いことから、昔から日本庭園で使われることもあったようです。
しかし、景観に重きを置くガーデニングなどで野芝を利用されることはほとんどありません。
野芝はゴルフ場のラフや公園などによく植えられています。

高麗芝

高麗芝は日本芝の中で最も多く使われている品種です。野芝に比べて葉の幅が細いこと、手触りが柔らかいこと、色が鮮やかなことが特徴です。
育成適温は30℃。耐寒性があまりなく、東北の南部地方から九州地方に多く分布しています。
海岸などの沿岸でも見られ、塩風が運んでくる塩分にも耐える力を持っています。
高麗芝は上から踏みつけられも耐える力があるので、サッカーやゴルフ場、競馬場で多く使われています。
庭に植えてガーデニングを楽しむことにも適していますが、伸びる速度が速いので、芝刈りなどのメンテナンスが少し大変かもしれません。
ただし、きちんとケアすることで美しい庭の景観を保つことができます。
海岸などの沿岸でも見られ、塩風が運んでくる塩分にも耐える力を持っています。
高麗芝は上から踏みつけられも耐える力があるので、サッカーやゴルフ場、競馬場で多く使われています。
庭に植えてガーデニングを楽しむことにも適していますが、伸びる速度が速いので、芝刈りなどのメンテナンスが少し大変かもしれません。
ただし、きちんとケアすることで美しい庭の景観を保つことができます。

姫高麗芝

姫高麗芝は、今回ご紹介するなかで最も見た目の美しい芝と言えるでしょう。
葉が細く柔らかい、密度が濃い、色が鮮やかなことが特徴です。
高麗芝と同様に、草丈が伸びる速度が速いので、多くの刈り込みを行う必要があります。
また、管理が難しいことから初心者よりもガーデニング経験の多い上級者レベルでないと、美しい景観の保持は難しいかもしれません。
姫高麗芝はゴルフ場のグリーンや庭園用で多く使用されています。

お手入れ方法

芝を管理するなら、定期的なお手入れが必要です。
どの品種にもいえることですが、基本的な手入れには、芝刈り・水やり・除草・施肥・通気作業が必要です。
少しずつですが、注意点やポイントなどをご紹介します。

・芝刈り

芝が最も生長するのは気温の高い5~9月にかけて。
この時期は芝の草丈がどんどん延びてきますので、週に1回を目安に芝刈りをするとよいでしょう。
芝の生長が穏やかな春や秋の季節は、2~3週間に1回を目安にしましょう。
芝刈りをきちんと行うことで、芝の密度が増すと同時に、雑草も生えにくくなります。芝刈りをきちんと行うことで、芝の密度が増すと同時に、雑草も生えにくくなります。
芝の生長が穏やかな春や秋の季節は、2~3週間に1回を目安にしましょう。
芝刈りをきちんと行うことで、芝の密度が増すと同時に、雑草も生えにくくなります。

・水やり

水やりは、生長速度の速い時期は毎日のこまめに与えましょう。
ただし、加湿は禁物ですので、降雨量や天気を確認しながら行ってください。
また、時間帯は日中ではなく、朝か夕方の涼しい時間帯にすると、芝が蒸れて傷むことがありません。

・除草

日々の管理で除草も景観を保つための重要な作業です。
雑草をそのまま放置しておくと、害虫が増える、芝に栄養が行き渡らなくなるなどの弊害が出てきます。
限られたスペースでの除草は手で引き抜いても構いませんが、広い範囲での除草は除草剤を使用すると作業を楽に行うことができます。

・施肥

芝に施肥をすることで、美しい緑の保持、芝の傷みの回復、などの効果が期待できます。
施肥は芝の状態を見ながら適宜与えるようにしましょう。
ただし、気温が高く日差しの強い猛暑日の施肥は、肥料焼けの原因になるので、行わないようにしましょう。
土の中に栄養が行き渡りやすくするために、施肥後は必ず水やりすることをおすすめします。

・通気作業

芝の通気作業とは、その名の通り、芝に穴を空けた所に空気が入ること。
芝の生長を促したり水はけを改善したりすることを目的とするものです。
深さの目安は約5㎝。マイナスドライバーやガーデンスパイクを利用しておこないましょう。
作業が終了したら、通気したところに目土(めつち・砂や土をかぶせること)をし、涼しい時間帯になってから水を与えましょう。作業が終了したら、通気したところに目土(めつち・砂や土をかぶせること)をし、涼しい時間帯になってから水を与えましょう。
芝の通気作業とは、その名の通り、芝に穴を空けた所に空気が入ること。
芝の生長を促したり水はけを改善したりすることを目的とするものです。
深さの目安は約5㎝。マイナスドライバーやガーデンスパイクを利用しておこないましょう。
作業が終了したら、通気したところに目土(めつち・砂や土をかぶせること)をし、涼しい時間帯になってから水を与えましょう。
芝のお手入れはちょっと手間がかかりますが、綺麗な状態を維持するための管理は、とても大切な作業です。
芝の特徴や扱う難易度はそれぞれ違いますので、よく考えてから芝を選ぶようにしましょう。

Tagged : / / / / / / / /

挿し木がもたらす3つのメリットって!?挿し木で植物を増やしてみよう!

植物を増やす方法のひとつである挿し木をご存知ですか?
挿し木をすれば、みなさんが育てている花や身近な植物を簡単に増やすことができますよ。
挿し木とはどんなものなのか、また挿し木がもたらす主な3つのメリットについてご紹介していきましょう。

1挿し木とは?

挿し木はその名の通り、木を土に挿すことで植物を増やしていく方法のことを指します。
増やしたい植物から茎を切り取ったものを挿し穂と呼びますが、その挿し穂を土に挿しこんでしばらくすると、やがて植物は新たな根を発根させ、ひとつの個体を形成するのです。
また、挿し芽・葉挿し・水挿しなど呼び方は異なりますが、いずれも挿し木と同様の増やし方で、それぞれ挿し穂に使う部分であったり、土ではなく水に入れておくだけの違いで呼び方が変わります。

2挿し木のメリット

2-1.種まきよりも手軽で早い

挿し木の1つ目のメリットは、種まきよりも早く株をつくることができる点にあります。
種まきは一度にたくさんの苗を作ることができますが、発芽までの日数、間引き、植え替えなどを含むと、手間と時間を要します。
意外と種まきって手がかかるんですよね。
それに比べ、挿し木は根は無いものの茎からのスタート。
挿し木なら種から育てるよりも約1ヶ月くらいは時間が短縮でき、さらに手間も省くことができるなんて嬉しい限り!
発根させるまでの管理が大変だという声もありますが、時期を選べばそれほど難しいことではありません。
また、観葉植物などは挿し穂を水挿ししておくだけで、簡単に発根させることができます。
透明なガラス瓶に入れておけば、発根するまでの過程を観察できるのも面白いポイントでしょう。
透明なガラス瓶に入れておけば、発根するまでの過程を観察できるのも面白いポイントでしょう。

 2-2.遺伝子を受け継ぐ

遺伝子を受け継ぐというメリットは、挿し木をする最大の利点と言っても過言ではありません。
種まきの場合、種がそれぞれ異なる遺伝子を持っているので、成長して別々の個体となります。しかし挿し木は親である株から茎を切り取り、根を発根させて、全く同じ遺伝子を持った株を作ることができるのです。
つまり挿し木であれば、病気にかかりにくく健康で生育旺盛な植物を計画的に増やすことが可能になります。
自分で挿し木をチャレンジしてみる時には、元気な株をあらかじめ選んでおくといいですよ。
ちなみに、「栄養系ペチュニア」「栄養系アリッサム」といった「栄養系」がつくものは、挿し木で繁殖させたものを指します。種から育てたものは「種子系」と呼びます。
「種子系」は価格が安いのですが、その分花付きが悪かったり、成長が悪かったりなど、個体差があります。
一方で「栄養系」は、良質な株を親としているため、花付きがよく、健康な苗を入手することができます。
しかし、その分価格は「種子系」よりも高い価格設定がされています。
「種子系」と「栄養系」の特徴を理解し、園芸ショップでの苗選びの参考にしてみましょう。

 2-3.お気に入りの切り花を苗にできる

花屋さんで素敵なバラを見つけ「このバラの鉢植えが欲しい!」と思っても、珍しい品種のものであった場合、手に入れるのは至難の技。
やっとの想いで見つけたとしても価格が高く、購入をためらってしまう方もいるのではないでしょうか?
そう、困った時は挿し木の出番です。
挿し木をすれば、園芸ショップをわざわざ回ったり、ネットショップを探したり、価格を気にする必要もなくなります。
また、誕生日や結婚記念日、何かの記念でいただいた花束を挿し木するのもおすすめですよ。
本来なら一週間ほどで枯れてしまう花束。挿し木をし、鉢植えや地植えにして育てれば、ふとした時に思い出を振り返るきっかけになります。
愛着も湧き、あなたにとって大切なものとなるでしょう。

3挿し木ができない植物もある

植物の中には、挿し木ができないもの、挿し木向きではない植物があります。
根が発根しにくいもの、発根するまでかなりの日数が要するものは、挿し木向きではありません。
挿し穂が発根するまでに腐り、枯れてしまうことがほとんどだからです。
年数が経っていて老化しているような株も挿し木は避けた方がいいでしょう。
挿し穂として葉挿しや芽挿しが適切な場合もあるので、あらかじめ確認してから挿し穂に使う部分を切り取ってくださいね。
挿し木に失敗してしまった時は、その植物の増やし方が挿し木向きであったかどうかを調べてみましょう。

4まとめ

今回は挿し木とは何なのか、挿し木の3つのメリットについてご紹介しました。
挿し木は種まきとは違う方法で植物を手軽に増やすことができ、同じ性質を持った植物を自分の手でつくることができます。
身近にある植物や気に入った切り花を使って、ぜひ挿し木にチャレンジしてみてくださいね。

Tagged : / / / /