どのカランコエが好み? 品種や育て方のコツ8つをご紹介

カランコエは品種の多さ、可愛らしい小さな花が特徴の多年草の多肉植物です。


開花時期が長く花の色や形も豊富、ガーデニング初心者でも育てやすいことから、室内外問わず多くの場所で栽培されてきました。


そこで今回この記事では、カランコエの育て方を8つのコツにわけてご紹介していきたいと思います。

●カランコエってどんな植物?

カランコエはマダガスカル・アラビア半島・東南アジアなどが原産地とされる多年草の多肉植物です。


草丈は約5センチから1メートルと品種によって開きが大きいですが、基本的にはどれも厚さに強く、寒さと日陰に弱い特徴があります。


カランコエは開花時期が12月から6月にかけてと冬の時期に花を楽しめる貴重な植物。


葉や花の形もバラエティに富むため、複数の品種を組み合わせて植えて楽しむこともできます。

●カランコエの人気品種は?

ここではカランコエの人気品種をご紹介します。


同じカランコエでもそれぞれ特徴や魅力が異なりますので、お気に入りを見つけてみましょう。

・クィーンローズ

バラのような八重咲き品種。


華麗かつ豪華な見た目で花は約1ヵ月咲き続けます。

・ピトン

星型の花びら、覆輪(ふくりん・花弁の周りが本来と異なる色が入る)が特徴。

市場にはあまり出回っていない珍しい品種です。

・ミリオンスター

小さく繊細な花が魅力。カランコエの中でも手に入りやすい品種です。

・カランディーバ

極小輪の八重咲き品種。


多くの花を密集して咲かせ、高い気温のもとでは次々と花が咲きます。

●カランコエは鉢植えがおすすめ!

寒さに弱いカランコエが耐えられるのは約5度。


日本国内での地植えは冬期に株が弱ってしまいますので鉢植えで育てましょう。


日光を好むため暖かい時期は戸外で育て、気温が低下してきたら室内に取り込んで育てるのがベストです。


ただし夏季の強い直射日光は葉焼けの原因となるため避け、真夏は明るい日差しの元、風通しのよい環境で管理してください。

●カランコエは短日植物

短日植物とは、日光が出ている昼の時間が短くなるにつれて花を咲かせる植物をさします。


カランコエの他に、ポインセチア・アサガオ・コスモス・キクなどが短日植物の仲間です。


日光が当たる時間が短くになるにつれて蕾が出て花が咲く仕組みなので、戸外の適切な自然環境の中で育てているなら、自然に花は咲くでしょう。


ただし一年中室内で夜間に人工照明に照らされていると、花が咲きづらくなりますので短日処理が必要です。


秋以降に花を咲かせるなら、夏に短日処理を開始させるのが基本。


鉢をすっぽり覆うことができるダンボールを用意して、17時から翌日7時くらいまでのあいだ照明の当たらない環境を作ってあげてください。


短日処理が上手にいけば、30~40日ほどで蕾がでてくるので、それまで毎日欠かさずに短日の状態を維持し続けることが大切です。

●カランコエの土・水やり・肥料

土は排水性の良いものを選択しましょう。


市販されている土を利用するなら、サボテン用または多肉植物用培養土が適しています。


また配合するなら小粒または中粒の赤玉土、ピートモス、川砂を5:2:3の割合で作るとよいでしょう。


カランコエの水やりは季節による調節が必要です。


頻度とポイントは次のとおりです。


・春から秋……土の表面が乾燥したら水やり

・冬……土の表面が乾燥してから2~3日後・乾燥気味がポイント

・傷む原因となるため、葉に水がかからないようにする

・冬期は室内の暖房が直接当たらないようにする


また肥料が必要になるのは真夏を避けた成長期の5~9月にかけて。


半月に1回のペースで適量の液体肥料を与えますが、冬期は必要ありません。

●カランコエの剪定・切り戻し・花がら摘み・摘心

剪定の頻度は2年に1度くらい。徒長している部分や葉が混み合っている部分は開花時期の終了後に剪定しておきましょう。


花がら摘みは、花が咲いて約3割枯れたら花茎の付け根からカットします。


カランコエは次々と花茎ができるので、花がら摘みをしておくと次の花茎の成長促進につながります。

●カランコエの増やし方

カランコエは挿し芽をして増やすことができます。


用意するものは、挿し木用の土またはバーミキュライト。


清潔な環境がうまくいく条件ですので、使い古しの土は避けてください。


使う部分は4枚の葉がついている茎の部分で、土に挿しておくと約30日で根が出てきます。

●カランコエの病害虫

気をつける病害虫は、灰色かび病・うどんこ病・アブラムシ・カイガラムシなどです。


うどんこ病やカイガラムシは風通しの悪い環境で発生しやすいので、空気の流れの良い場所での管理がポイントです。


また灰色かび病は気温が低く多湿の状態で発生しやすいので、こちらもカランコエの適する環境での栽培を心がけましょう。

●まとめ

多くの品種、カラフルな花色が楽しめるカランコエ。


栽培で特別難しいことはありませんが、花を咲かせるためには自然の摂理に見合った日光量のもと育てるのが重要です。


「室内栽培で蕾が出てこないな」と思ったら、今回ご紹介した短日処理を施してあげてくださいね。

Tagged : / / /

おしゃれな庭づくりに活躍!ガーデニングDIYアイテム10選

タイル、レンガ、枕木、チェア、ガーデンフェンスなど。


おしゃれな庭づくりには欠かせないガーデニングDIYアイテムを紹介します。


DIY方法や注意点、おしゃれなアイデアなども解説するので、初めてガーデニングのDIYにチャレンジする方もぜひ参考にしてください。

1.タイル

タイルは庭の小道やアプローチに使ったり、イスやチェアを置けるプライベートな空間を作れたりと、おしゃれな庭づくりに欠かせないDIYアイテムです。


モルタルなどを使わずにタイルを並べるだけでもおしゃれな雰囲気が演出できます。


初心者にはジョイント式タイルがおすすめ。はめ込むだけで簡単にDIYできるので、ぜひ使用してみてください。

2.レンガ

レンガは庭の小道や花壇づくりにも活躍します。


草花との相性がいいので、庭が広い家庭ではレンガ敷きもおすすめです。


レンガ敷きのDIY方法は、はじめに地面を平らにならしてから、デザインに沿ってレンガを並べていきます。


レンガがずれないように、枕木などを使って縁を押さえておくと作業がしやすくなるでしょう。


レンガとレンガの隙間にはモルタルの代わりに砂使って入れていくと、DIYも簡単です。

3.枕木

ナチュラルな雰囲気が好みの方は、枕木を使ったガーデニングDIYがおすすめです。


枕木を使ったアプローチづくりは、土を掘ってから枕木を埋めるだけ。


枕木の間にはグランドカバーとなる植物を植え込めば、よりナチュラルでおしゃれなアプローチが完成します。


グランドカバーにはクラピアやディコンドラ、ヒメツルソバ、エリゲロンなどの植物がおすすめですよ。

4.チェア・テーブル

ガーデニングに力を入れているのであれば、庭に憩いの空間を作りたいと思う方も多いはず。


そんな時は、チェアやテーブル、ベンチなどのガーデンファニチャーをセレクトしましょう。


ガーデニングやDIYで疲れた時は座って休憩できますし、草花を置いておしゃれにレイアウトするのもアリ。


チェアやテーブルなどは自分でDIYもできるので、好みのテイストにアレンジしてみてはいかがでしょうか。

5.ガーデンライト

ガーデンライトは夜の景色を一変させ、ムードな雰囲気を演出できる優れもの。


シンボルツリーやサブツリーを下から照らしたり、住宅の壁に木の影を映し出したりすると、ワンランク上のおしゃれな外観になります。


ただし、ガーデンライトの種類によっては専門の資格を有しなければ設置できないものもあります。


ガーデンライトを自分で設置するなら、DIY向けのローボルトライトを選ぶといいでしょう。

6.天然芝・人工芝

ガーデニングを始めたら、誰もが憧れる緑の芝。特に天然の芝は四季折々の変化が楽しめ、見た目も美しいのが特徴です。


しかし、今はお手入れがラクな人工芝も人気があり、リアルな質感で一年中緑の芝を楽しめるものが多くあります。


どちらにもメリット・デメリットがあるので、手入れが苦手、あまり時間をかけられないという人は人工芝を。


コストを安く済ませたい、本格的なガーデニングを楽しみたいという人は天然芝を選ぶのがおすすめです。

7.景石・砂利

景石は景観づくりに活用する天然の石のことをいいます。


和風の庭園やロックガーデンで活躍するので、これらのテイストにするならばぜひ活用していきましょう。


砂利は色幅が豊富なので、洋風、南欧風、和風、モダンなど、さまざまなテイストに合います。


見た目がおしゃれになるほか、防犯対策や雑草よけになるなどのメリットも。


DIYの仕方は砂利を敷く前に、地面を平らにならしてから防草シートを敷き、その上に砂利をまんべんなく敷いていくだけなので、初心者でもトライしやすいです。

8.フラワースタンド

フラワースタンドは空間を活用できるので、鉢物が多い方はマストアイテムです。


スペースをあまりとらないため、ウッドデッキや玄関前などのスペースを有効活用でき、レイアウト次第でおしゃれな演出も可能です。


木製のフラワースタンドは木材を使ってDIYできるので、好みの色にペイントし、自分だけのフラワースタンドを作ってみましょう。

9.ガーデンフェンス

ガーデンフェンスは仕切りや目隠しの用途で多く使われますが、ハンギングをかけたりつる性の植物を這わせたりすれば、ガーデニングスペースとして有効に使えます。


しかし、簡単なガーデンフェンスならDIYも可能ですが、悪天候や腐食などで倒壊する危険性もあるので注意が必要です。


おすすめは耐久性の高いアルミ製のフェンス。


軽量で耐久性があり、雨風に強く害虫による被害もほとんどないので、一度設置すればメンテナンスフリーで使えます。


自分で設置するのが難しい場合は、外構業者に依頼するのも一つの手です。

10.ガーデンアーチ

主につるバラを這わせるのに活躍するガーデンアーチ。


おしゃれな庭づくりやロマンチックな雰囲気を演出するなど、役立つガーデニングアイテムです。


ガーデンアーチを設置する場合は、風での倒壊を防ぐために基礎づくりが重要なポイントとなります。


モルタルやブロックを活用し、基礎の強度を高めて安心して使えるガーデンアーチを設置しましょう。

まとめ

今回はおしゃれな庭づくりに活躍するガーデニングDIYアイテムを紹介しました。


自分の理想とする庭を作るためには、ガーデニングのDIYやアイテムが欠かせません


タイル、レンガ、枕木、ガーデンファニチャーなど、さまざまなアイテム活用して、素敵な庭を作りましょう。

Tagged : / / / / /