可憐なクリスマスローズ!育て方の8つのポイントを紹介

クリスマスローズは冬から春の時期に花が咲き、うつむくような姿が魅力的な花です。


キンポウゲ科の種類で、育てやすく強健な特徴を持ちます。


しかし、「もっとたくさんの花を咲かせたい」と、花付きに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?


クリスマスローズの上手な育て方をヒントに、可憐な花をたくさん咲かせましょう。

クリスマスローズ・育て方のポイント①環境

クリスマスローズは暑さを嫌います。


そのため、夏は半日陰や明るい日陰で育てるようにしましょう。


春、秋、冬の時期は、あたたかい日差しの下で育てると生長がよくなり、花付きも多くなります。


鉢植えで育てる場合は季節に合わせて、置き場所を変えるなどの工夫をするといいでしょう。


地植えで育てる場合は、西日の当たらない場所に植え付けることが大切です。


また、直射日光を防ぐ方法として、植栽を植え付けるのもおすすめ。


葉が生い茂っている木の下にクリスマスローズを植えると、夏場の直射日光を木漏れ日のようにしてくれる効果があります。


落葉樹を選べば、冬場は日が当たるようになるので、クリスマスローズに適した環境づくりができるでしょう。

クリスマスローズ・育て方のポイント②用土

<土のブレンド割合例>

・赤玉土 4
・腐葉土 3
・軽石 2
・その他 1(くん炭、堆肥など)

クリスマスローズは排水性や通気性のいい土を好むため、市販の培養土を使用するか、土をブレンドして適したものをつくりましょう。


地植えする場合は石灰を撒いておき、土の酸度を調節しておきます。


初めて育てる方はクリスマスローズ専用の培養土がおすすめ。


肥料や土がちょうどよくブレンドされているので、安心して育てられるでしょう。

クリスマスローズ・育て方のポイント③植え付け

クリスマスローズは秋から春の時期が、植え付けに適しています。


秋に購入したクリスマスローズは、これから見頃になる株です。


古い根や土を十分に落としてから植えつけてください。


冬に植え付ける場合は、霜や寒風によるストレスが加わるため、強く根をいじると弱ってしまうケースがあります。


なるべく根を痛めないように、そのまま植え付けるといいでしょう。


春の時期も冬同様です。


花を咲かせることに養分を使っているので、根を優しく扱いましょう。

クリスマスローズ・育て方のポイント④水やり

水やりは鉢植えで育てている時に限り必要になります。


地植えしているクリスマスローズは雨だけで十分に育つので、特に必要ありません。


鉢植えの水やり方法は、土の表面が乾いてから与えましょう。


水やりのやり過ぎは、根腐れや病気の原因となります。


しかし、水が乾きやすい夏場は、1日に1〜2回の水やりが必要になることもあります。


昼間に水やりをすると、高温多湿の環境をつくりだしてしまうため、朝と夕方の涼しい時間帯にあげるように注意しましょう。

クリスマスローズ・育て方のポイント⑤肥料

クリスマスローズの花を上手く咲かせるには肥料が必要です。


地植えは9〜10月ごろに追肥を与えましょう。


緩効性化成肥料は肥料効果が長続きするので、1度与えれば十分です。


ただ、肥料をあげ過ぎると肥料焼けを起こしてしまうので、必ず規定の量を与えるように注意しましょう。


液体肥料を与えるときは、水で希釈したものを1週間に1度のペースで与えます。


開花が終わる4月ごろには液体肥料をストップしてください。

クリスマスローズ・育て方のポイント⑥植え替え

地植えの場合、植え替えの必要は特にありません。


けれど、クリスマスローズが混み合ってくると風通しが悪くなり、病害虫が発生するリスクも少なくありません。


こういった場合はクリスマスローズを掘り上げて、植え替えの検討をおすすめします。


鉢植えで育てている場合は、植え替えをしないでいると、根詰まりを起こしてしまいます。


根詰まりを起こすと生育が止まってしまうためため、1年に1回は植え替えをしましょう。


すると、生育がよくなり、花数も自然と増えていきます。

クリスマスローズ・育て方のポイント⑦株分け

クリスマスローズは株分けで増やすことができます。


株分けをおこなう時期は、クリスマスローズの生育が盛んな10〜11月くらいが目安です。


株分けをするために、まずはクリスマスローズを掘り上げます。


株元を見ると、自立した株が数本あることが分かると思います。


だいたい2〜3本を目安に、ナイフを使って株分けをおこないましょう。


株分けしたものは古い根や土も一緒に取り除き、新しい土に植え替えます。

クリスマスローズ・育て方のポイント⑧手入れ

クリスマスローズの手入れは、古くなった葉と花がらを摘み取ること。


新しい芽が出始めた10〜12月ごろに、ハサミを使って葉を地際まで剪定します。


黄色や茶色くなった葉や、傷んでいる葉は、見つけ次第剪定をしたり、摘み取ったりして取り除きましょう。


また、咲き終わった花はそのままにしておくのではなく、摘み取ってあげると景観を美しく保てます。


クリスマスローズの花は長持ちするので、切り取って室内に飾るのもおすすめですよ。

まとめ

今回はクリスマスローズの育て方について、ポイントごとに詳しく解説しました。


上記を参考に、クリスマスローズの可憐な花をたくさん咲かせてみましょう。

Tagged : / /

栄養満点!セロリの種蒔きから収穫までの栽培ポイント5点

シャキシャキっとした食感と独特の香りや味が特徴、サラダ・スープの具材・漬け物など多くの料理で大活躍のセロリ。


栽培がそれほど難しくないセロリは家庭菜園初心者でも楽しみながら育てられる香味野菜です。


今回はこの記事で、プランターを活用したセロリ栽培の種蒔きから収穫まで、順を追って5つのポイントにわけてご紹介します。

◆種蒔き

セロリの生育適温は16~21℃のため、春になり暖かくなってから種蒔きをするのが基本です。


ただし日本は南北に長い列島なので、場所によって種蒔きの適期が異なります。

・冷涼地………5月下旬~6月下旬
・中間地………5月上旬~6月上旬
・暖 地………4月中旬~5月下旬

セロリは種蒔きから収穫まで約3~4ヶ月と栽培期間が長いのが特徴。


もちろん園芸店などで購入した苗から栽培をスタートさせても構いませんが、種蒔きからはじめるなら以下手順を踏む必要があります。

1 種蒔きは育苗箱
2 育苗箱で発芽し、本葉が2~3枚出てきたら元気な苗だけ育苗ポットに移動
3 育苗ポットで本葉が7~10枚になったらプランターに移動

セロリの種は発芽しづらいので、種蒔きの前日に一晩水につけておきます。


育苗箱に種をばらまき、土は薄くかぶせるか、かぶせない程度にとどめましょう。


また、種蒔き後の水やりは水流で種が流れてしまわないように、ジョウロのはす口を上向きにしてたっぷり与えるのがポイントです。


発芽までは乾燥を避けるために土の表面に不織布などをかけ、土が乾燥しない程度に水やりを続けて管理してください。


セロリ栽培を成功させるには、この育苗時期にしっかりとした手入れをし、丈夫な大苗をいかに育てるかが鍵となります。

◆植え替え

既述の通り、苗の本葉が7~10枚出てきたらプランターへ移し替えましょう。


季節は6月中旬から8月が適期


用意するのはプランターと土。


セロリは下に向かって延びる野菜なので深型タイプかつ横幅60㎝程度(株間20~30㎝のため苗は2~3株植え付け可能)のプランターが適しています。


また、土は市販されている野菜用培養土を利用すると手間が省けます。


植え替えのポイントは次の通りです。


・プランターに土を入れる時は、容器の縁から2~3㎝のウォータースペースを確保する
・移し替えの前に植え穴を作っておく
・苗の根に傷がつくと生長に影響を与えるので、根鉢は崩さず丁寧に扱う
・深植えは厳禁!根鉢が少し見える程度の浅植えが基本

◆栽培管理

ここではセロリの普段の栽培管理で必要な作業を見ていきましょう。

・置き場所

セロリの植え替え後の栽培環境は、1日のうち半分が日陰になるような場所が適しています。


それは、セロリが夏場の暑さには弱いから。


よって、1日中直射日光が当たるような場所は避けてプランターを配置してください。

・水まき

セロリは乾燥を嫌い、湿気を好みます。


植物や野菜の水やりでは「土の表面が乾燥したら水やり」というタイプが多くありますが、セロリの場合は「土の表面が乾燥する前に十分な水やり」を心がけましょう。

・追肥

追肥は植え替え後から収穫の間まで、月に2回が目安です。


セロリは肥料を好む野菜。


肥料切れを起こすと株が大きくならないので注意が必要です。


プランター栽培での追肥は、水やりの際に適量の液体肥料を混ぜて与えましょう。

・下葉かきとわき芽かき

セロリの生長が進むにつれて、多くの葉が出てくるようになります。


葉をそのまま放置しておくと必要な場所に栄養が行き渡らなくなるため、黄色に変化した下葉とわき芽は早めに摘み取っておきましょう。

◆かかりやすい病害虫

セロリ栽培で気をつけるべき病気は、芯腐れ病・班点病・軟腐病・葉枯病など。また、害虫ではナメクジ・ハダニ・ハスモンヨトウ・ハモグリバエなどに注意しましょう。


いずれの病害虫も、ふだんからよくセロリの様子を観察して早期発見をすることが大切です。

病気に関しては、夏以降は直射日光の当たらない涼しい場所での栽培がポイント。


病気発生や拡大予防のために定期的に殺菌剤の散布をするとよいでしょう。


また、害虫に関しては、見つけ次第捕殺するか防虫ネットの利用が効果的です。

◆収穫

プランターに植え替えをして3~4ヶ月経過したら、セロリの収穫時期の到来です。


この時期になると初期は横に延びて生長していたセロリも芯葉が上に向かって立ち上がり、高さが30~40㎝にもなります。


収穫は株ごと切り取るか、外葉から少しずつかきとっていくかの2通り。


少しずつかきとる方法は長期にわたって収穫ができますが、収穫期間が長いとスが入ってしまうのでセロリの様子をよく観察しながらおこなってください。

まとめ

セロリ栽培は、こまめな水やり・追肥・病害虫予防など他の野菜に比べて少し手間がかかる部分もありますが、難しい作業は1つもありません。


地植え栽培はもちろん、今回ご紹介したプランターや鉢での栽培もできるので、庭の敷地やベランダ菜園でセロリ栽培に挑戦してみてはいかがでしょうか?

Tagged : / / /

パクチーの栽培から収穫へ!5つの作業をご紹介

独特の香りや味で、注目を集めているパクチー。


今や、さまざまな飲食店で使われている食材です。


こちらの記事では、家庭でも簡単に栽培・収穫ができるパクチーの育て方について、土作りや植え付け方法、葉や種の収穫の仕方などを解説していきます。

パクチーの栽培①土作り

【プランター・鉢植え栽培】

パクチーをプランターや鉢植えで栽培する方は、市販の培養土がおすすめです。


適度に保水性があり、通気性や排水性がいいものを選びましょう。


自分で土をブレンドする場合には、赤玉土を6〜7割、腐葉土を4〜3割をブレンドして使います。


プランターや鉢植えでは、栄養素が水やりで流れ出てしまったり、根から吸収されやすくなったりと、肥料が不足しがちです。


緩効性化成肥料を混ぜておくと、肥料効果がじっくりと長く効くため、パクチーがよく育つようになります。

また、プランターや鉢に用土を入れる前には、鉢底石を敷いて根腐れを防ぎ、通気性をよくすることも大切ですよ。

【地植えする場合】

パクチーを地植えで栽培する方は、まず土の酸度調整をおこないましょう。


植え付けの約2週間前に、苦土石灰を撒いて、よく耕しておきましょう。


1〜2週間後には、腐葉土や堆肥を入れて、土を耕しながら混ぜ込んでください。


また、元肥に緩効性化成肥料も混ぜ込んでおくと、土に栄養素を補給できます。

パクチーの栽培②植え付け

【種の植え付け】

パクチーの種まきは、3月〜4月と、9月〜10月の気温が20度くらいの時期がおすすめです。


種から栽培をスタートするなら、まずは下処理をしましょう。


パクチー丸い種を、指を使って半分に割ります。


次に、種を一晩ほど水につけておきましょう。


パクチーの種は固いので、こうすることで発芽率がグンと上がります。


下処理を終えた種は、セルトレイやポット、プランターに撒きます。


土に3〜4mmのくぼみをつくり、種まきをしましょう。


撒き終わったら土をふんわりと被せて、ハスロをつけたジョウロで水やりをして終了です。


早ければ約1週間ほどで発芽します。混み合ってきたら間引きをして、ゆったりと栽培しましょう。

【苗の植え付け】

苗を植え付ける時期も、種まきと同様に3月〜4月、9月〜10月がおすすめです。


パクチーの苗の植え付けは、根の扱いに注意するのがポイント。


直根性の根なので、傷つけると成長が止ってしまいます。


苗をポットから取り出したら、根鉢を崩さずに、できるだけそのまま植え付けるようにしてくださいね。


プランターや鉢植えに植え付けるときは、水やりがしやすいように、ウォータースペースをつくっておきましょう。

パクチーの栽培③日常の手入れ

パクチーは、水が大好きな植物。


そのため、日常の手入れの中で、水やりは特に重要です。


プランターや鉢植えの水やりは、土の表面が乾いてから、たっぷりと水やりをおこないましょう。


夏場は水が乾きやすいので、毎日水やりをしてください。


朝と夕方の1日に2回水やりをしてもいいでしょう。


地植え栽培の方は、追肥をしなくても十分に育ちます。

しかし、プランターや鉢植えは栄養素が流れ出やすいので、2ヶ月に1度、緩効性化成肥料をひとつまみほど与えてください。

5月〜6月ごろには、パクチーの花が咲き出します。


花が咲くと、全体が硬くなったり新芽が出なくなったりするので、開花する前に摘み取りましょう。

また、パクチーは害虫の被害にあうこともあります。


「できる限り無農薬で育てたい」という方がほとんどだと思うので、日常の手入れで害虫がいないかをチェックしておきましょう。


葉の裏や混み合っている部分に隠れているケースもあるので、葉や茎が食害にあっていたら、よく探してみてくださいね。

パクチーの収穫④葉の収穫時期・やり方

パクチーが上手に育ってきたら、いよいよ収穫です!


収穫時期は、パクチーの花が咲く前におこないましょう。


全体が20〜30cm程度になってきたら、ハサミを使って外側の葉から収穫していきましょう。


柔らかそうな茎を選ぶのもポイントです。


また、株ごと収穫もできるので、株元の土を少し掘り、ハサミで大胆に切り取ってください。


パクチーの収穫後は新鮮なうちに、生で食べたり調理したりして、美味しく食べましょう。

パクチーの収穫⑤種の収穫・保存

この投稿をInstagramで見る

* * * * 今日も、鬱陶しい梅雨空😩 キュウリの虫よけに植えたパクチー。花が咲き終わって、種が出来てきました🎶 そのまま枯れる迄置いて、収穫。コリアンダーシードと呼ばれています😃 中国名は香菜(シャンツァイ)ですが、日本ではあの虫の匂いに似ている事から「カメムシ草」とも言うらしいです😱 種はパクチーの嫌な匂いもなくてホッ❗️パウダータイプはカレーを作る時に使うけれど、ホールの使い方は今ひとつ判りません😅 * * * * #キュウリの虫よけ #パクチーの花 #パクチーの種 #コリアンダーシード

kojani(@nekotetsu753)がシェアした投稿 –

パクチーをまた栽培したい方は、花を咲かせたままにし、実が茶色くなるまで待ちます。



次に、茎ごと切り取り、風通しのいい場所でカラカラになるまで乾燥させましょう。


乾燥が十分でないと、種にカビが生えてしまうことがあるので、しっかりおこなってください。


乾燥し終わった種は、茎から一粒ずつ摘み取り、ガラス瓶や保存容器に入れておきましょう。乾燥剤を入れておくと安心です。


パクチーの種は、調理にも活用できます。


翌年の栽培用と、調理用に種を分けて、ぜひパクチーの種も味わってみてくださいね。

Tagged : / / /