パンジーの花を長く咲かせるコツは?育て方の5つのポイントを紹介

10月になると、園芸ショップではパンジーの苗が店頭に並び始めます。


パンジーは秋から冬、翌年の春まで長く楽しめるポピュラーな花のひとつ。


こちらの記事では、綺麗なパンジーの花を長く咲かせるコツを紹介します。


育て方のポイントもヒントに、庭や花壇に可愛い花を咲かせてみてください。

1.パンジーとは?

まずはパンジーについて、詳しく解説していきます。

1-1.パンジーの基本情報

パンジーは寒さに強く、暑さには弱い一年草です。


そのため、夏を迎える頃には枯れてしまいますが、冬の間も鮮やかな花が見られることから、冬の花壇では重宝されています。


盛んな品種交配により、今ではさまざまな花色が楽しめるようになりました。


アンティークカラー、フリル咲き、ブランド苗など、人気のパンジーは寄せ植えやハンギングの主役としても数多く植えられています。

1-2.パンジーとビオラの違い

この投稿をInstagramで見る

 *今年も!この季節が!やってきます!!*  皆さん! お待ちかねの、、、、。   パンジービオラの季節が!!   もうそこまでやってきていますよー!!!   今日の朝、農場を散歩してきたんですが、  可愛い子達が!!  たたたた沢山!! 顔を出してるじゃないですかー!!  普段、店を担当しているということもあり、 あんまり農場に行けてなかったのを 反省しましたよー、、。   今年の夏は暑かったものの、 秋になりグッと冷え込んだのと、 生産工程を少し変更したお陰で、  過去一番と言っていいほど、 生育がいいです!!  11月には、県外の園芸店様へ沢山出荷します! もちろんトミーの庭でも販売しますので、 ぜひ、ご期待ください^^!!!  #見元園芸#トミーの庭#花#花屋#高知#高知市#寄せ植え#寄せ植え教室#園芸店#園芸#フラワー#ガーデニング#花のある暮らし#花のある生活#植物のある暮らし#flower#flowershop#宿根草#多年草#見元オリジナルビオラ#ビオラ#パンジー#すみれ#みもとビオラ#viola#ヴィオラ#見元ビオラ

見元園芸 直営店トミーの庭(@mimoto1187)がシェアした投稿 –

パンジーとよく似た花にビオラがあります。


一般的には、花のサイズが大きいものをパンジー、小さいものをビオラと区別します。


パンジーとビオラは複雑な品種交配を重ねた結果、性質があまり変わらなくなっているので、花の大きさ以外に違いはほとんどありません。


育て方や栽培方法なども基本的には一緒です。

2.パンジーの花を長く咲かせるコツ

パンジーの花を長く咲かせるためには、花がら摘みと追肥を与える必要があります。


パンジーはたくさんの花を咲かせるので、長く育てていると肥料切れを起こし、次第に葉が黄色くなったり、花が咲かったりしてしまうのです。


また、咲き終わった花をそのままにしておくと、タネをつけて株が弱ってしまいます。


綺麗な花を長期間咲かせるためにも、日々花がら摘みを行い、肥料切れを防ぐことが大切です。

3.パンジーの育て方5つのポイント

続いて、パンジーの育て方を紹介します。5つのポイントを参考にして、パンジーを上手に育てましょう。

3-1.パンジーは日光が好き

パンジーは日当たりがよく、風通しのいい環境が大好きです。


プランターや鉢で育てる方は、よく日光が当たる場所へ置いてください。


地植えする方は日当たりがいい場所へ植え付けましょう。


ただ、春になって気温が高くなると、茎が間延びしてきます。


プランターなどは半日陰に置き換えるなど、置き場所を少し変えてあげるだけで花も長持ちするでしょう。

3-2.植え付ける時は根をチェック

この投稿をInstagramで見る

種まきから47日 #虹色スミレ #ガーデニング #パンジー

AI-N(@akagiyamakirei)がシェアした投稿 –

タネから育てた方や苗を購入してきた方も、植え付け時の根の扱いには注意してください。


ポットから取り出した時、根がびっしりと育っていたり、ぐるぐるとサークル状になっていたりする場合は少し根を崩してあげると根の張りがよくなります。


根があまり育っていなければ崩す必要はないので、そのまま植え付けてください。


根の育ちが不十分なのに根鉢を崩してしまうと、生育がストップしてしまうリスクがあるからです。


園芸ショップで苗を選ぶ時は、ポットの底穴から白い根が飛び出しているパンジーを選ぶのがおすすめ。


根がしっかり張っている証拠なので、植え付け後の成長に期待できます。

3-3.液体肥料か緩効性肥料で追肥をする

肥料は植え付け時に元肥として緩効性肥料を与えておきましょう。


追肥を与えるタイミングは、液体肥料の場合で1週間〜10日に一度。


緩効性肥料の場合は、1〜2ヶ月に一度のペースで与えます。


また、肥料は与えすぎると肥料焼けを起こすケースもあるため、必ず規定の量を守って与えるよう注意してください。

3-4.水やりはタイミングよく与えよう

冬はあまり水分が蒸発しないので、水やりのタイミングも重要なポイントとなります。


加湿にすると、害虫の発生や灰色カビ病を引き起こしてしまうリスクがあります。


庭や花壇に地植えした方は、植え付け後の水やりは降雨だけで問題ありません。


プランターや鉢植え栽培の方は、土の表面が乾いた時が水やりのタイミングです。


鉢底から水が流れ出るまで、たっぷりと与えましょう。


このように、タイミングを見計らって水を与えることが重要です。

3-5.定期的なお手入れで病害虫の発見に尽くそう

パンジーを健康的に育てるためには、日々のお手入れが欠かせません。


上記であげた花がら摘みはもちろん、黄色くなった葉、枯れ落ちた花と葉も取り除いてあげると、病害虫の発生を防ぐことができます。


冬場は害虫の被害が少ないものの、春になると花や葉が食べられてしまうことが増えてくるので、早期の発見と駆除に努めてください。


虫が見つからなかったり、大量発生してしまったりする場合には、オルトランなどの殺虫剤をまいておくと安心です。

4.まとめ

今回はパンジーの育て方について紹介しました。


パンジーは秋、冬、春と、可愛い花を長くさせてくれます。


冬の寂しげな花壇もパンジーのおかげで、色鮮やかに変化。


育て方のポイントや長く花を咲かせるコツを参考にし、お気に入りのパンジーを見つけて、ガーデニングを楽しんでください。

Tagged : / /

庭の花壇を手作りするには? 花壇作りDIYのポイント5点

敷地内のエントランスから玄関までの通路、庭のスペースなどに樹木や草花を植え付け四季折々の風景を楽しむのがガーデニングの醍醐味。


植物を植えるスペースと芝や通路との区切りをつけるために活用される花壇ですが、プロの手に頼らず自分で作りたいと考えている方も多いのではないでしょうか。


そこで今回は、DIYで花壇を作るときのポイントを5つ、また各注意点などについてご紹介します。

花壇の適する設置場所

草花または野菜などを育てるための花壇ですから、日の当たりが悪い場所は避けましょう。


植物によって適する環境は異なりますが、その多くは「風通し、日当たりの良い場所」を好みます。


ただし、日光が当たるからといって西日の強すぎる場所は、植物が元気に育たないばかりか弱ってしまう可能性が高くなるので注意が必要です。


また、風や雨の強く当たる場所も極力避けてください。

花壇の完成イメージを考える

花壇を作る上では前もって完成予想図を頭の中で完成させておくと、自分の思い描いた花壇が作られます。


スケッチが得意であれば実際の風景を紙面上に描いてもよいでしょう。


どのような花壇を作るか決める工程で重要なのが、建物や周りの草花と釣り合いのとれたスペース作りを心がけること。


花壇の大きさ、枠の素材は何を使うか、どんな植物を植えるかなどを考え、周りの景色から花壇だけが浮いた存在にならないように注意して計画を練っていきましょう。

土の作り方

何も植物を植えていないスペースに花壇作りをするのなら、土作りも重要な作業の一つです。


土作りの手順は以下の通りです。


1 土を20~30㎝掘り起こす
2 掘り起こした土の中にあるゴミ(雑草・枝・小石・根など)を除去する
3 掘り上げた土で固まっているものがあれば崩しておく
4 肥料を含んでいない堆肥(腐葉土やピートモスなど)を加えよく耕す
5 土の酸度をアルカリ性に傾かせるため、必要であれば苦土石灰を施し約1週間放置
6 培養土や堆肥を加えさらに約1週間経過させ完成


土の酸度を測るには酸度計測器が便利です。


日本の降水量の多さは土壌が酸性になる原因となりますが、特に野菜の栽培などでは弱酸性土壌(pH6)を好むものが多いため酸度調整が必要となります。


ただし、強酸性(pH5以下)を最適土壌とするスズラン・カラー・ベゴニア類・アザレア・ツツジなどの植物も存在するので、植える予定の植物の好む酸度を調べておいて対応するとよいでしょう。


花壇を家庭菜園で利用するなら、店で販売されている野菜用培養土を利用してもかまいません。

枠になる素材を決める

土の準備作業と同時に花壇の枠になる素材を選んでいきましょう。


自然素材を利用するなら石材・木材・流木などがあります。また耐久性を求めるならレンガやコンクリートブロックなどの素材を利用するとよいでしょう。


昨今では一見木材のように見えて実際の素材はセメントで作られている花壇材のように、見た目と実際の素材が異なる商品も多数販売されています。


インテリア性と耐久性を考慮してホームセンターや園芸店、インターネットなどであらゆる商品を比べて購入するとよいでしょう。


とはいっても多くの種類があってどれを選べば良いか判断がつかない場合、価格が手頃でDIY初心者でも挑戦しやすいのがレンガを利用する方法です。


レンガを横置きにすると、レンガとレンガの間にセメントなどの接着剤が必要ですが、縦置きにして並べていくと接着剤を施す手間もかかりません。


レンガを埋める溝を作り、1つずつレンガを組み込んでいけば立派な花壇が完成します。


どの素材にも共通しますが、枠の設置で注意するのは花壇の高さ。


考えずに高い花壇をつくってしまうと、ガーデニング作業がしづらかったり、歩行の邪魔になったり、植え込んだ植物の根元が見えづらくなったりするので、適度な高さに留めるようにこころがけましょう。


また、レンガ等の購入は前もって必要な数量を把握しておくのが大事。


作業途中で「材料が足りない」なんてことがないように注意してくださいね。

植える植物の注意点

この投稿をInstagramで見る

・ ・ #家庭菜園記録 🌱💕 ・ だいぶ大きくなりました~♡ 苗の植え付けから約1カ月、、、 pic①②が最近 pic③が植えた時です。 恐るべき成長(*゚∀゚*)❣️ ・ 収穫したのは今のところ トマトと大葉のみですが キュウリも茄子も今、花も咲いて 実もつけてます🥒🍆🍅✨ 今年も豊作になりますよ~に🙏 ・ ・ あと、 お家プール開きしました🌴☀️ 幼稚園でも来週からプールが 始まるけどこの時期、雨で中止に なる率高いーーー( ̄∇ ̄)💦 次は近所のお友達も誘って お家プールをする約束をしました💖 梅雨があけてからかな( ˊ̱˂˃ˋ̱ )? ・ それにしても息子…。🤦🏻‍♀️💦 ずーっと触っていましたww ・ ・ ・ #家庭菜園 #家庭菜園始めました #家庭菜園の野菜 #自家製野菜 #花壇diy #畑作り #お家プール #お家プール開き #テラス #自宅テラス #ウッドデッキ #マイホーム #注文住宅 #インテリア #収納 #モノトーンインテリア #モノトーン好き #白黒病 #白黒マニア #白黒グレー #白黒インテリア #暮らしを楽しむ #シンプルな暮らし #シンプルライフ #子供と暮らす #専業主婦 #ズボラ主婦 #二児ママ

のぞみ(@nozomi0510)がシェアした投稿 –

土を投入し花壇の枠の設置が完成したら、植物を植えていきます。


各季節に適した花や野菜を種や苗を植え、自分の思い描く風景を完成させていきましょう。


広いスペースのある花壇であればさほど問題はありませんが、特に野菜などは地植え栽培に適した株間を確保することが大切。


植える植物の特徴をとらえ、適量を植え込んでください。


また、大きく生長する樹木を植えるのは避けましょう。


狭いスペースで樹木がどんどん伸びると、のびのびと植物が生長できないばかりか、数年後に引き抜いたり移動したりする手間がかかります。

まとめ

思い描いた花壇を作るために最初から完璧なものを求める必要はありません。


費用や時間などできる範囲で作業をし、経験を増やしながら技術を高めていきましょう。


ガーデニングは何よりも楽しむことが大切。


まずは植えたい植物の色やサイズを思い浮かべながら、花壇作りの計画を進めましょう。

Tagged : / / /

暑さに強い夏の花を育てよう!夏の代表的な花【6選】

夏の暑さに負けることなく、花を咲かせる代表的な夏の花を6選ご紹介していきます。
花壇や庭に夏ならではの花を植えてみましょう!

1.ヒマワリ

夏の代表的な花といえば、ヒマワリを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?
高く生長し、大きな花を咲かせるヒマワリは、一株だけでもインパクト抜群!育てやすいので種から子供と一緒に育てるのもおすすめですよ。

ヒマワリを大きく丈夫に育てるには、一日を通して日光に当たる場所で育てることがポイントになります。
また、花が大きくなってくると、重みや風で倒れてしまうこともあるため、支柱を立ててあげることが必要です。

ヒマワリの花が咲き終わったあとは、種を収穫して翌年も育てられるよう保管しておきましょう!
ヒマワリは大きい種類のものだけでなく、コンパクトに育てられる小型のヒマワリもあるので、小さなスペースでもヒマワリを育てることができますよ。
ぜひ、夏の代表的なヒマワリの花を育ててみてくださいね!

2.サルビア

サルビアも夏の代表的な花として有名です。
真っ赤に花壇を彩るサルビアの姿は、幼い頃から目にする機会がありましたよね?
赤いサルビアも素敵ですが、夏の花壇に清涼感を与えてくれるブルーサルビアも魅力があります。
運が良ければ冬を越して翌年の夏にも再びブルーサルビアの花を見ることができるかもしれませんよ。

サルビアは開花期が長く、夏の間も絶え間なく花を咲かせてくれます。
花を長い間咲かせ続けるには、追肥が不可欠
ゆっくりと長く効く緩効性肥料を1ヶ月に1回施します。
リン酸は花を咲かせるのに必要な栄養素なので、サルビアが養分不足を起こさないよう、追肥でサポートしてあげましょう。

赤いサルビアやブルーサルビアをご紹介しましたが、他にもピンクや紫、アンティークな色合いのサルビアもあります。
お気に入りのサルビアを見つけて、夏の花壇を彩りましょう!

3.ペチュニア

夏の花壇の女王とも呼ばれるペチュニア。
ペチュニアが支持されるいくつかの理由として、花色の豊富さ、花付きのよさ、乾燥に強い、開花期が長いといったメリットが挙げられます。
誰でも簡単に育てられるといったことも、人気の秘訣でしょう。

ペチュニアは育てやすい花ですが、長く綺麗に咲かせるには少しコツがいります。
まずは、肥料切れを起こさないよう、開花中は追肥を与えること。
そして、咲き終わった花は種をつけないよう、花がら摘みをすること。
花が一通り満開になったら、切り戻し剪定をすることです。
特に、切り戻し剪定をするかしないかで、後半になるに連れて中心部がスカスカになってしまい、見た目が大きく変わってしまいます。

育てやすい夏の代表的な花でも、しっかりと手入れをし、花壇をペチュニアの花でいっぱいにしてみてくださいね!

4.インパチェンス

この投稿をInstagramで見る

❁ 夏花壇の主役の一つ、インパチェンス😄 . 3月に苗を植えて▶︎▶︎4月頃こんなに小さかった株も(写真2枚目)▶︎▶︎1ヶ月後にはこんなに大きくなりました(写真3枚目)✨ 大きくなってきたのでビニールハウスからお外にお引越し🌞 花壇などに植えたらもっとこんもりと成長し、たくさんの花を咲かせてくれます♡ ・ ・ ・ #インパチェンス #成長 #グリーンハウス市川 #お花屋さん #生産販売 #お花 #切り花 #苗物 #アレンジ #花束 #野菜 #新鮮 #直売 #野菜自販機 #農業女子 #農家 #園芸 #地産地消 #JA直売所 #神奈川県 #座間市 #flowershop #flower #Impatiens #vegetable #agriculture #farmer #kanagawa #zama

Ichikawa_(n.e)さん(@greenhouse__i)がシェアした投稿 –

パッとした色合いが目を引くインパチェンス。
他の夏の代表的な花と少し違うのは、耐陰性があるというところ。
こんもりと茂るように咲いてくれるので、見た目も綺麗にまとまりまり、ガーデナーにとっては嬉しい夏の代表的な花です。
高温多湿の環境に屈せずよく育ち、次々と花を咲かせてくれます。

インパチェンスは水不足になると、葉や茎が下向きに萎れてくるので、水不足のサインを見逃さないようにしましょう。
花は咲き終わると自然に落ちていきますが、葉や茎にくっつくと、灰色かび病を発生させてしまう原因となります。
落ちた花びらは取り除き、風通しをよくして育てましょう。

インパチェンスはカリフォルニアローズと呼ばれる、バラのように花を咲かせる種類が特に人気。
ぜひインパチェンスをこの夏に迎えて、たくさんの花を咲かせてみましょう!

5.ニチニチソウ

夏の代表的な花として、乾燥に強いニチニチソウも人気です。
硬い雰囲気を持つ葉に、可愛らしい花をつけるニチニチソウ。
和テイストな庭や花壇にもおすすめしたい夏の花です。

ニチニチソウを育てるうえで注意してもらいたいポイントは、直根性の根を持つということ。
直根性の性質を持つ植物は、根を痛めてしまうとそのまま生長がストップしてしまいます。
植え付ける時はなるべく根を触らないよう、根鉢を崩さずに植え付けるといいでしょう。

小輪タイプの花を散らすように咲くフェアリースターは、可愛らしくて可憐なイメージ。
好みにあったニチニチソウを選んで植えてみてくださいね。
ニチニチソウは手入れが簡単なので、ガーデニング初心者にも育てやすい花ですよ!

6.アサガオ

親しみがあるアサガオの花は、夏の代表的な花のひとつ。
窓から入る直射日光を遮る緑のカーテンとして育てられることもあります。
家の中から緑と花を見ることができるなんて風情がありますよね。

アサガオは種から育てることができるので、プランターに直播をし、つるが伸びてきたら誘引していきましょう。
アサガオは摘心をすることで脇芽がたくさん出てきます。
しかし、脇芽が多すぎるとつるの生長が悪くなるため、調節しながらつるを伸ばしていきましょう

夏の朝が楽しみになるアサガオの花を育てて、清涼感を感じてみてはいかがでしょうか?
花色も豊富なので、気に入った種類のアサガオを種から育ててみてくださいね。

7.まとめ

今回は夏の代表的な花を6選ご紹介しました。興味を惹かれる花はありましたか?

夏に大輪の花を咲かせるヒマワリ。
夏の間長く咲き続けるサルビアとペチュニア。
耐陰性があるインパチェンス。
乾燥に強いニチニチソウ。
清涼感たっぷりのアサガオ。
どれも夏の花としての魅力がたっぷり!

ぜひ夏の代表的な花を育てて、花いっぱいの庭づくりを目指しましょう!

Tagged : / / /

冬の間にやっておきたい庭仕事!花壇のお手入れ5つのポイントをご紹介

いよいよ本格的な冬が到来してきましたね!

凍えるような寒さの中、ガーデニングに励んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そう、実は冬の間に花壇や花、植物のお手入れをすることで、一年間の植物の状態がガラリと変わるんです。

今回は冬の間にやっておきたい庭仕事の中で、主に5つのポイントをご紹介していきます。

土壌改良

冬の間に必ずやっておきたい庭仕事には、まず土壌改良が挙げられます。

一年間を通してさまざまな植物を植え込んだ土の中は、
害虫の卵や幼虫、病気の元となる細菌が多く住みついています。

そのままにしてしまうと、さらに土の状態が悪化し、植物の成長を妨げてしまう事態に陥ってしまいます。

悪循環を防ぐために、冬の寒さを利用して土の中の病害虫を退治しましょう

大きなスコップやシャベルを使い、花壇の土を深層部から掘り起こします。

そうすることで地中深くに潜っていた病害虫が、冬の寒さに当たることで死滅させることができるんです。

この作業を園芸用語では「天地返し」と呼んでいます。

天地返しをすることで病害虫を退治し、さらに土が空気を含んで通気性のいい土になるメリットもあります。

冬の時期がもっとも効果が大きいので、ぜひ土壌改良のために天地返しをしてみましょう!

寒さ対策

冬の寒さに耐えきれない花や植物は、室内に取り込むか、寒風、霜が当たらないような軒下などに移動させます。

植物によっては、マルチングが必要なものも出てきます。

マルチング資材は、ワラやバークチップ、ウッドチップ、
ココヤシファイバーなど種類が豊富にあるので、お好みの資材を選んで使用しましょう。

花壇に地植えしてあるものは移動ができないので、マルチング資材を使うか、
盛り土や腐葉土を敷き詰めて冬の寒さ対策を施します。

ラップやビニール袋、不織布や麻布で植物を覆ってあげるのも効果的です。

自宅にあるものを使って構わないので、冬の寒さ対策をしっかりとしていきましょう。

View this post on Instagram

[マルチング] . みなさんは「マルチング」をご存じですか😊 . マルチングとは、植物を植えた表面の土をビニールや小石、バークチップ、ワラなどで覆うこと。 . お部屋に置いている観葉植物もマルチングすることで土が隠れ、ぐっとおしゃれで清潔感ある雰囲気に◎ . マルチングはただ土を隠すための飾りでなく、植物にとって嬉しい効果がたくさんあるんです! . LOVEGREENではマルチングの正しい知識や注意点についてご紹介しています。 . また、様々な種類のマルチング材についても合わせてご紹介しているので、実際にマルチングを始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。 . お好みの雰囲気のマルチング材が見つかるかも♪ 詳しくはプロフィール( @lovegreen_official )のURLからチェック🌿 . . #マルチング #土 #植え替え #観葉植物 #観葉植物のある暮らし #グリーンのある暮らし #インドアグリーン #緑のある生活 #観葉植物初心者 #シンプルな暮らし #シンプルライフ #暮らしを楽しむ #日々の暮らし #賃貸暮らし #園芸 #鉢植え #園芸初心者 #園芸用品 #園芸雑貨 #インテリアグリーン #ナチュラルインテリア #賃貸インテリア #観葉植物インテリア #植物 #植物のある暮らし #植物のある生活 #植物と暮らす #植物が好き #plants

A post shared by LOVEGREEN -植物と暮らしを豊かに。 (@lovegreen_official) on

剪定

植物によっては、冬の剪定が適しているものがあります

冬剪定の中でもバラが代表的なので、バラを例に挙げて解説していきます。

バラは冬の時期に葉を落とし、冬越しのため休眠に入ります。

そのため冬に剪定をすることは、バラにとってもっともダメージが少なく済む時期です。

株姿を整えたり、古くなった枝を取り除くチャンスなので、必ず剪定を行いましょう。

ただし、植物によっては、冬の剪定で弱ってしまうものもあります。

剪定をする前に、適した時期を必ず調べてからおこなうようにしましょう

寒肥

寒肥(かんごえ・かんぴ)は、冬に施す肥料のことを指します

一年間の植物の成長を左右する重要な冬の作業のひとつ。

休眠しているため、冬の時期が一番根へのダメージが少なく、地中深くまで掘り起こすことができます。

バラや庭木を植えている方は、必ず寒肥を施しましょう。

土を掘り起こし、有機肥料を与えることで、土中の土壌改良にも大きく役立ちますよ。

植え替え

秋まで頑張った草花も、冬の厳しい寒さでとうとう枯れてしまった…。

そんな時には思い切って植え替えをしましょう

枯れたり、弱ったりした草花は、耐寒性があるものに植え替えをします

冬から春にかけて咲き続けるパンジーやビオラは、特におすすめです。

花壇に植え替え、空いたスペースに今後どのような植物を植え込んでいくか、計画していくといいですよ。

冬は花壇が寂しくなって残念に感じますが、冬は一年間の植栽計画をするチャンスでもあります。

多年草や宿根草を上手に使い、負担のかけない一年間のガーデニング計画をしてみてはいかがでしょうか?

まとめ

・病害虫を死滅させる土壌改良をおこなう
・耐寒性がない植物は寒さ対策をする
・冬剪定でダメージを少なく
・寒肥
・植え替え

Tagged : / / / / /